刹那の出来事だった

ふと思ったことをババッと書きます。

ディズニー テクノロジア魔法学校のオープンキャンパスに参加してみた

ショッピングモールでぶらぶら買い物をしている時に、家電量販店でこんなものを見つけた。

www.technologia-schoolofmagic.jp

プログラミングの学習教材、しかもディズニー!?

POPの一枚絵を見ただけで僕はすげーやりたくなった。

 

さっそく申し込み

今だけオープンキャンパス(無料体験版)ができると聞き、すぐに申し込んだ。

以下のリンクに必要情報を入力し、1〜3営業日待つと封筒が届く。

www.technologia-schoolofmagic.jp

 

封筒の中身は、製品紹介とポストカード。

製品紹介の表紙にはこう書かれていた。

中高生から社会人まですべての人に贈るプログラミング学習教材の決定版

 メディアアート、ゲーム制作、Webデザインの3分野を複数のプログラミング言語で総合的に学べるとあり、JavaScriptからProcessing、Shaderまで(なにそれ?)網羅されているようだった。

 

プログラミングとは縁がない僕にとって、なんとなく難しそうだった。

これほんとに中高生からできんの???って疑問しかなかった。

 

んでポストカードのイラストがまじかっこいい。届いた時の高揚感はんぱねー

製品購入すると、レッスンをクリアするたびにこういったオリジナルのポストカードが届くらしい。それだけで頑張れそう

 

裏面にはオープンキャンパスのログイン情報、そして謎の暗号

f:id:sora96hama:20180712034749p:plain

一見なんのことだかさっぱりだけど、オープンキャンパスを進めていくにつれてわかっていく。

 

オープンキャンパス オンライン!

テクノロジア魔法学校はGoogle Chrome最新版上で動くストリーミング配信型。

利用する上でソフトのインストールは必要ないものの、Google Chromeを持っていない方はインストールを、バージョンが古い方はアップデートをしなければ動かないので、入れときましょ。

www.google.co.jp

 

没入感

オープンキャンパスに参加してみて一番感じたことは、もはやゲーム並みの没入感があることだった。

オリジナルのストーリーはもちろん、コーディングしている中にもディズニー要素ややり込み要素があり、早く先の物語が見たい!という気持ちが先行するおかげで、するする先に進むことができた。

ただ行うプログラムが増えるだけでなく、できた後はすぐ復習するようになっているので、覚えるというより「染み込む」ような学習ができた。

f:id:sora96hama:20180712053831p:plain

 

超絶基礎から始めるプログラミング

オープンキャンパスのスタートは、スクロール&クリックからだった。

そっから始めんの!!?!?って声出たわ。

JavaかHTMLからかな〜と思っていたけど、まさかパソコンの使い方から学ぶとはねー

 

意表を突かれたけど、こういう基礎からやってくのって大事だよねーと思った。

少し話は変わるけど、僕が大学に入って一番驚いたことが、「パソコンの使い方わかんない同級生」がいることだった。

Excel関数がわかんないとかのレベルじゃなく、文字の大きさ?保存ってどうやんの?次元だった。

小中高の情報の授業ぐらいでしかパソコンに触れる機会がない人の方が多いのかもしれない、けどこの情報社会、これからパソコンを使う場面ってのは増えていくはず。

 

限られたパソコンに触れる機会で、テクノロジア魔法学校はちゃんと基礎を教えてくれる。

ドラック&ドロップやコピペはコーディングする上でめちゃんこ使うし、そこを絶対に漏らしたまま進ませない!という気迫が見えた。

 

地味にMacキーボード対応すごい

テクノロジア魔法学校の基礎を進めていく中で、日本語入力・英数入力の切り替えについて学ぶ場面があった。

Windowsキーボードのイラストと「左上らへんにある"半角/全角 漢字"って書かれてるキーを押すんやで」的な説明だと思ってたけど、さすがテクノロジア魔法学校。

Macキーボードの写真と、「"かな・英数"を押してみよう」という説明だった。ãmac ã­ã¼ãã¼ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

多くの人が「パソコン」と聞いて連想するのはWindowsキーボードだけど、プログラミングの説明が全て各OSの標準キーボードに対応しているのは地味にすごいと思う。

説明しているキーボードが全然違かったらやる気削がれるし、どれがどのキーに対応してるとか、いちいち調べんのめんどくさいよね。

どういう仕組みでキーボードの説明が変わってるのか知らないけど、ストレスなく学ぶ上で重要なことだと思った。

 

頑張れ、おれのCPU!

テクノロジア魔法学校のオープンキャンパスを通してみて、懸念点が一つ。

ソフトのインストールが必要ない代わりにストリーミング配信型であるということで、たぶんものすごいデータ量のやりとりをリアルタイムで行なっている。

そのせいか、パソコンのファンがファンファン回ってた。うるさい

 

f:id:sora96hama:20180712054841p:plain

さすがに処理落ち等はなかったが、使うパソコンのスペックやインターネット環境によっては、読み込みに時間が掛かったりラグが発生する可能性がある。

 

オープンキャンパス楽しかったわ

一つ懸念点があるとはいえ、ファンがうるさい以外の問題はなく、オープンキャンパスを楽しく終えることができた。

一見難しそうなコーディングも、わかりやすく一歩ずつ説明してくれる上、知識が増えるたびにストーリーが進行していくことに夢中になれた。

 

特にディズニー好きは、オープンキャンパスだけでもやっとくことをおすすめする。

なぜならオープンキャンパス修了者には特典映像があり、それがもう興奮しまくった。

もうこの特典映像を見るためだけに頑張ってきたといっても過言じゃない。

 

おわりに

テクノロジア魔法学校についてのプレゼンテーション動画、載せておきます。

教材の概要や内容、詳細等が分かると思います。

www.youtube.com

 

一括払いで128,000円(税別)かあ〜〜〜高いなあ〜〜