刹那の出来事だった

ふと思ったことをババッと書きます。

取り急ぎ、書き残したいこと

セカンドオピニオンをして、

今日は2回目の診察の日。

 

これから診察なんだけど、

取り急ぎ、書き残したいことをば。

というより、奮い立たされたような。そんなかんじ

 

他にも書きたいことがいくつかあるけど、

それはまた今度。

 

 

さっきふと、

「なにか行動するだけが意思表示じゃねえな」

って思ったんです。

 

僕はこの頃、いや昔から

連絡や予定を滞らせがちなところがあります。

最低です。(分かってるつもりだけど、やっぱりできてない)

 

でも、例えばこんな状態が僕じゃなくて友だちだったとしたら、

ただのサボり癖とも捉えられるけど

 

たぶん憶測はひとつじゃなく、

いっぱいあるような気がして。

 

「反応できないほどくらってんだろうな」

と、一つシグナルとして受け止めるはず。

 

このような捉え方は福祉学で

たくさん学び、そして経験してきました。

 

他人に対してならできるのに、自分に対してはできない。

そういえばこんなことよくあるなあって、今更感じました。

 

「自分を客観視するのが苦手だよね」

と言われちゃうのは、

 

もしかしたらこんな風に

自分事を他人事に置き換えられてないのかもしれないぞ。

 

んで、ちょっと自分自身を

他人目線で見てみようって考えました。

 

実際にやってみる。

 

瞬間、「なんとかなるやろ」「お前なら大丈夫っしょ」って

ボジティブワード的なサムシングがぽんぽん思いつく。

 

 

 

ウケる。

 

 

 

ちょっと自分の中でククッてなったから、

こんなことを書き留めたかっただけです。

 

貴重なお時間を取らせてしまいました。

いや僕も僕で診察までの時間がない。

 

まとめます。

たまに自分事を他人事で考えてみると、ウケる。

 

以上です。行ってきます

 

 

P.S.

セカンドオピニオンの病院はめちゃんこ良いところでした。

今から行くのがちょっと楽しみ。

 

焦らず無理せず頑張らず

着実にいい方向に!行ったらいいなあ…