刹那の出来事だった

”らしさ”を探すブログです。

身内に打ち明けたくない悩み事は、身内以外に打ち明けよう。

人間誰しも悩み事がない人なんていないと思います。

仕事や学校、人間関係、金銭面、将来など

かくいう僕も、実に多くの悩み事を抱えています。

 

悩み事は、自分でなんとか解決できるようなものもありますが、

一人で悩むのはものすごく大変なこと。

できれば誰かに打ち明けられたら、気持ちだけでも軽くものですが。

 

 

 

打ち明けられる悩み事って、だいぶ限られている気がしますよね。

個人情報や知られたくない情報を避けて相談することは、

自分自身がパワーかかっちゃいます。

相談したい人だって、こっちから選びたい。

で、結局相談しなくてもいいんじゃないかとまた思い悩むんです。(僕の場合)

 

「相談したいけど、誰になにを相談したらいいのかわからない」

そんなときにおすすめしたい相談窓口を紹介したいと思います。

無料で匿名性や守秘義務を守ってもらえるので、安心して利用できますよ。

 

※「死にたい」等の重大な悩みでなければ相談してはいけない というルールはありません。

いやむしろ、なにか一人で抱えるのが辛いと感じるものなら、積極的に以下の窓口に相談していいと思います。

僕がそうだったので。大丈夫ですよ。

 

 

電話相談

身近の人に話しづらい相談事も、顔の見えない相手になら打ち明けやすいかも。

そんな方には電話相談がおすすめです。

 

こころの健康統一ダイヤル

よく使われている電話相談は、こころの健康相談統一ダイヤルですね。

www.mhlw.go.jp

Googleで「死にたい」と検索すると、一番上に表示されるらしいです。

厚生労働省が管轄の電話窓口なので、安心して利用することができます。

 

ただ、ナビダイヤルを使用しているので、少なからず電話代はかかります。

(だいたい10分の通話で300円程度)

また、相談対応できる日時が限られています。

時間を選ばず、かつ無料で相談したいという方におすすめなのが、よりそいホットラインです。

 

2、よりそいホットライン(おすすめ度:★★★★★)

24時間対応で、フリーダイヤルなので無料で相談できます。

279338.jp

研修を受けた方のみが相談員として対応してくれるので、安心できます。

 

時間や料金を考えたくないならよりそいホットラインがいいですが、

回線が混雑する頻度も高いです。

また、質でいうならこころの健康相談の方が若干高い気がします。

 

どちらにしても、聞き役に徹してくれるので、

思ったことをぶちまけられるだけで、少しでも心が軽くなるとは思います。

 

ただ、具体的なアドバイスはしてもらえない可能性は高いです。

(こちらから指示してはいけない、等の福祉的研修を受けているはず。)

現状を今すぐ打開したいという方は、一度医療・福祉機関に行くことをおすすめします。

 

医療・福祉機関

医療は個人に、福祉は個人や集団の環境にアプローチするプロです。

直接会ったり多少のお金がかかるなど、ハードルこそ高く感じますが、

その分効果は着実に現れていきます。

 

医療機関

「心がどうにかなりそう」「無気力が続く」「感情的・自傷的になる」

心のことが主語になることは、まずは医療機関に行くことをおすすめします。

無難なのは「精神科・精神神経科」と書かれているところですね。

 

電話することに抵抗がなければ、直接最寄りの医療機関に電話して

自分の状態を伝えてみてもいいかもしれません。

 

医療機関にかかりつければ、場合によっては診断をもらうことができるので、

現状から少しお休みして、ゆっくり治療していくことができます。

 

福祉機関

「お金がない」「学校や職場がつらい」「いじめやDV、虐待を受けている」

周りの環境などが主語になることは、福祉機関に行くことをおすすめします。

 

地域の市町村役場に電話や直接行くことで、

専門の相談員が対応してくれることがあります。

 

福祉的支援を受けるには、様々な条件が必要だったり

そもそも福祉の入口が見えにくかったりと、

ハードルはとても高いものになっています。

 

しかし、支援を受けることができるというのはとても大きいです。

自分がどんな制度やサービスを受けられるのか、

まずは市町村役場に電話してみてもいいかもしれません。

 

医療・福祉機関へは同時期に行くべきだと思います。

心と環境に同時にアプローチしていくことは、現状から脱するのにより有効だからです。

どちらにも通うのが難しいのであれば、まずは電話でどうするべきか聞いてみましょう。

 

最後に

一人で思い詰めれば詰めるほど、悩みはより深くなっていくものです。

かくいう僕も、同じような現状です。

「味方なんていない」「誰も助けてくれない」と思ってしまいがちですが、

案外上記のようなサービスや窓口はいっぱいあります。

 

その時の気分によるとは思いますが、

「誰かに話してみたいな。」と、ふと感じた時は

その時だけでいいので、少しだけ話してみてもいいかもしれません。

 

それだけで解決できるほど簡単な悩みではないと思います。

ただ、少しだけ「話せた」「軽くなったかな」と思えるはずです。

 

難しい将来や今後のことはひとまず置いといて、

今は今の気分に任せていきましょう。

僕は今、そんな気分です。