刹那の出来事だった

”らしさ”を探すブログです。

よーいどん!の日

※この記事は、いい頃合いになってからSNSにアップすることにします。

 

f:id:sora96hama:20171002215103j:plain

こんにちは。てまるです。

10月2日。

多くの企業が内定式を催す中、僕も今日参加させていただきました

 

その場所は、僕の尊敬する先輩が昔、同じように式典に参加した場所

始まる前から、僕は感慨に浸っていました。

 

誰もが一度は聞いたことがあるような、いい場所で内定式がありました。

場所もそうですが、とにかく規模感が大きかった。

数百名もの内定者がその場所に集い、社員・内定者共に内定を祝う時間。

僕にとってそれは、ものすごく刺激的な環境でした。

 

役員がずらっと並んだ時、正直震えた

こんなにも多くの人が、会社の舵を担っていて、

しかも「君たちには期待している」と言うわけですよ。

 

一体、役員の方々は僕たちに何を期待しているのだろうか。

そして僕は、その期待をどう返したいのか。

話を聞きながら、深々とそんなことを考えていました。

 

一番震えてしまったのは、内定者代表の言葉。

前に立つその内定者は、

ちゃんとこの会社で成果を上げてくるだろうな。」

と思わせてくれる、体温がどっしりと乗った言葉を伝えていました。

 

「今のおれでは、この人に勝てないや」

こんな感想しかありませんが、言葉一つ聞いただけでそう感じてしまいました。

それこそ、戦う土俵が違うかもしれない。

 

でも、僕は僕で、僕なりの戦い方がある

どうすれば、この人と同じ、そしてそれ以上のレベルに立てるだろうか。

せめてそのコツだけでも、入社式までに掴んでおきたいものです。

 

僕は疑問に思った。

僕が一人であーだこーだ考えている間、

周りにいる数百名の内定者はこの時間をどう捉えているだろう。

 

休憩時間は少なからず、というかほとんど、

たわいもない話が僕の耳に入った。

周りを見渡せば、光る画面がちらほら。

一番びっくりしたのは、「喫煙は控えて」という告知があったにもかかわらず、

ガラスで仕切られた喫煙所には、黒スーツがぞろぞろ。

 

そういった人たちに、とやかく言う資格などありませんが。

「この人たちと一緒に働くのか」というのが、僕なりの印象でした

たぶん、そこに居た社員も同じことを感じたと思います。

目立つからこそ、括られて僕もそう見られていたはず。

 

そしてこの煽り

世の中には、2:8の法則というものがあります。

多くの現象は、おおよそ2:8にばらける ってやつです。

↓初耳の方向け、参考程度に。

panda-ondo.org

 

この集団の中で、僕はたぶん2に属しているだろうなと思いました

というか、そうでなければいけない

確信にも似た決意をしました。

驕りとかじゃなく、真剣に。

 

今日見た中で、目をキラキラさせて高い志を持っていると僕が感じたのは

内定者代表として舞台に上がっていた人のみ。

 

そんな同志でありライバルである人も居る2の中で、

僕はどのポジションを取って行くのか。

8を束ね牽引する者として、どう戦って行くのか。

まず秀でなければならない」と、自分の中で一つ目標を立てました。

 

視点を上へ上へ

役員が皆、口を揃えて言っていたことで、

僕にとって一番印象に残っていることがあります。

それは、「業界を変えなければならない」という言葉。

 

働く意味は皆様々ですが、

「業界を変えなければならない」という志を持って、役員は働いている

2:8の2の中でも、ナンバーワンに向かって突き進みたいならば、

業界視点、そして企業視点は常に持っているべきだと感じました。

 

「自己実現」にばかりフォーカスが当たる昨今

もちろん、それも大事。

でも、自己実現のためにする行動一つひとつが、

会社ないし業界に影響を与えているということ。

これを忘れちゃいかんなあと思いました。

 

今日のことについて、書きたいことはいっぱいありますが

(この記事に書いたのは、ほんの一部)

とりあえず、録音した音声を聞きながら、

今日を終えたいと思います。

 

社会に早く出たい僕より。